三菱重工|低速風洞:自動車用空力風洞
ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

低速風洞:自動車用空力風洞 [ 試験装置 ] [ 産業機械 ]

  • Linkedin
自動車用空力風洞

自動車用空力風洞は、自動車の開発には不可欠の空力性能試験用施設です。

この製品の詳しい情報を見る:

装置概要

自動車の開発のための空力風洞であり、さまざまな試験目的に対応可能な設備です。 試験目的に合わせ、下記のようなオプションも対応可能です。

空力風洞装置概要
計測関連 各種天秤装置
トラバース装置
試験目的に合わせて
移動地面板 高速運転における地面効果を模擬可能です。
消音装置 騒音低減から、音響試験を目的とした低騒音型までニーズに合わせて対応可能です。
境界層吸取装置 空力試験における、境界層の影響を減少可能です。
多溝壁 より高ブロッケージの供試体が試験可能となります。
気流温度調整装置 風路内の温度上昇防止のみならず、低温から高温までの温度制御も可能です。

納入実績

納入年 納入先 装置名 仕様
1980 企業向 実車風洞 形式: 回流・吹放兼用型
測定部:6×4×12m
風速:18~216km/h(回流時)
18~187km/h(吹放時)
1981 企業向 模型風洞 形式: 吹放式
測定部:1.4×0.9×2.5m
風速:18~216km/h
1983 企業向 実車風洞 形式: 回流・吹放兼用型
測定部:6×4×12m
風速:18~230km/h(回流時)
18〜151km/h(吹放時)
1984 企業向 高速風洞 形式: 竪型回流式
測定部:2.3×1.7×0.8m
風速:5~250km/h
1995 企業向 1/5モデル乗用車用空力特性解析風洞 形式: 回流型水平単帰還方式
吹口寸法:1.5×1.0m
風速:11~119km/h
低騒音空力実車風洞(計画) 形式: 回流型水平単帰還方式
吹口寸法:6.5×3.7m
風速:20~240km/h

製品情報

RECENTLY VIEWED