商業用オフセット輪転機
[ 印刷機械 ]

商業用オフセット輪転機
三菱重工グループは、印刷品質や生産性は可能なかぎり高め、損紙や準備時間などは徹底的に低減する先進的な商業用オフセット輪転機を展開しています。
印刷物の小ロット・低コスト化が進む現在、商業用オフセット輪転機には、高い印刷品質の実現はもちろん、損紙や印刷準備時間、作業人員を極力減らすことで、資材と時間のロスを極限まで縮小し、印刷コストを低くかつ高い生産性を実現することが求められています。三菱重工グループは、オフセット印刷機の総合メーカーとして培った”印刷品質へのこだわり”をもってこれらのニーズに応えることはもちろん、作業性とデザイン性を高い次元で融合させた外観と、印刷開始のワンボタンを押すだけで複数の印刷ジョブを連続してこなすことが出来るオペレーションを実現させた、先進の商業用オフセット輪転機をラインナップしています。 生産性や業務効率上の理想を追求し、基本仕様や機械構成を全面的に見直した新世代ラインアップ「LITHOPIA MAXシリーズ / BT2-800SSS」では、伝統ある技術をベースとしながら、最新のデジタル技術を投入し、給紙から印刷、排紙にいたるまでをグレードアップ。特に、シャフトレスドライブを採用することで、動力低減のほか、印刷準備時間の短縮、メンテナンスの容易化、低騒音化を達成。さらに異速制御技術を駆使した「MAX-Saver」により、損紙低減と準備時間の短縮をいっそう推し進め、より高いパフォーマンスを引き出すことに成功しました。また、折機も、タブロイドからマガジン、ダイジェストまで幅広いニーズをカバーする、多彩なバリエーションを用意しています。

この製品の詳しい情報を見る:

2017年10月1日に、三菱重工印刷紙工機械株式会社は、三菱重工メカトロシステムズ株式会社及び三菱重工マシナリーテクノロジー株式会社と経営統合し、三菱重工機械システム株式会社に社名変更しました。

三菱重工グループの実績