ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

加速器 [ 産業機械 ]

  • Linkedin

研究者たちが追い求めた科学の謎の根源を解明し、さらには現代の科学技術の発展に大きく貢献する革新的な装置、加速器。

三菱重工グループは、航空機部品の製造で培った銅やアルミなど非鉄金属の精密加工技術を礎に、1960年代初頭に加速器事業を開始して以来、日本におけるほとんどの大型加速器ブロジェクトに参画し、研究者や研究機関が求める仕様・性能を形にすることで加速器技術を磨いてまいりました。今では、加速器の主要機器で、電子・陽子などの粒子を光速近くまで加速する「加速管」や「加速空洞」をはじめ、加速管や加速空洞へ高出力のマイクロ波を導入する「導波管」や「高周波窓」、加速した粒子の通路となる「真空ビームチェンバー」、粒子の軌道を小刻みに曲げて強力な放射光を発生させる「周期磁場発生装置」などの周辺機器まで、設計・製造を広く行っています。

2008年のノーベル物理学賞に輝いた「CP対称性の破れを予言した小林・益川理論」の実証に使われた高エネルギー加速器研究機構(KEK)の「KEKB加速器(電子−陽電子衝突型加速器)」では、「入射用加速器」、「真空ビームチェンバー」、「常伝導ARES空洞」、および「超伝導クラブ空洞」の設計・製造を担当しました。また、最近では、欧州原子核研究機構(CERN)が大型ハドロン衝突型加速器( Large Hadron Collider 、LHC)で超高エネルギーの電子・陽電子を衝突させることで発見したビッグス粒子とみられる新粒子の特性を詳細に調査する国際リニアコライダー(International Linear Collider、ILC)向け研究開発プロジェクトにおいて、電子・陽電子を加速する「超伝導加速空洞」の製造を担当すべく準備を進めています。

当社では世界トップレベルの加速器を開発し、人類や社会のために国内外のさまざまな施設で日夜探求・追及をすすめる研究者の情熱と成果を支え続けています。

製品情報

RECENTLY VIEWED