高温ガス炉

高温ガス炉はセラミックス(炭化ケイ素等)被覆の燃料と化学的に不活性なヘリウムガスを冷却材として使用することで、約1,000°Cの高温の熱エネルギーを取り出すことが可能な原子炉です。
日本では、核熱の多目的利用を目標に、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構殿(旧 日本原子力研究所)において昭和44年より研究・開発が進められ、高温工学試験研究炉(High Temperature Engineering Test Reactor:HTTR)が建設されました。 三菱重工は、幹事会社としてこのプロジェクトの推進に主導的役割を果たし、炉心を初めとする高温構造部の性能、健全性を評価するソフトウェア技術や高温構造機器、高温熱交換器の製作などハードウェア技術を中心に幅広く技術力を培い、実績を重ねてきました。 現在は、将来の高温ガス炉実用化時代に向け、多目的活用を目指した水素製造技術の開発、高効率発電を目指した直接ヘリウムガスタービン発電技術の開発に積極的に取組んでいます。また、南アフリカPBMR社殿による高温ガス発電炉PBMRの開発プロジェクトにも参画し、ガスタービンの開発を行ったほか、南アフリカの国営電力会社であるESCOM殿が同国に設置する予定の実証炉の主要コンポーネントである炉内構造物の基本設計と材料調達の受注を受けています。

HTTR主要目

熱出力:30MWt/減速材:黒鉛/冷却材:ヘリウム(約4MPa)/原子炉出口温度:850°C(950°C)

HTTR当社担当主要機器

格納容器/非常用空気浄化設備/主冷却設備:高温二重配管、加圧水冷却器、ヘリウム循環機等/原子炉補助設備/計測制御設備

HTTR主要日程

着工:平成3年3月/初臨界:平成10年11月/定格出力30MW、原子炉出口冷却材温度850°C達成:平成13年12月/原子炉出口温度950°C達成:平成16年4月

HTTR

高温ガス炉

お問い合わせ

三菱重工グループの実績