ボイラ給水ポンプ(二重ケーシング内部エレメント輪切りタイプ)

ボイラ給水ポンプ(二重ケーシング内部エレメント輪切りタイプ)
多段ポンプにおいて外筒の中に内筒を入れ、ケーシングを2重としたもので、超臨界汽力発電等、ボイラ給水ポンプの中でも、より高圧・高温に適用される。2重ケーシングはバレル型とも呼ばれる。内筒の切り方によりシングルケースと同じように違いがあり、輪切タイプのポンプケーシングは、ボルトでしっかり固定された吸込・中間・吐出ケーシングで構成されています。

お問い合わせ

三菱重工グループの実績