ボイラー用補機:石炭粉砕ミル
[ 火力発電 ]

ボイラー用補機:石炭粉砕ミル
石炭粉砕ミルは、石炭を効率よく燃焼させるためにボイラーに入る前に微粒子(100μm)になるまで粉砕するために用いられます。
ミルには、粉砕、乾燥、分級の機能があります。分級は、微粒子のみをボイラーへ送るために重要な部位です。回転式分級器では、数十rpmの速度で回転するブレードと空気の流れにより⽣ずる遠⼼⼒と求⼼⼒の相対的なバランスにより、微粉のみが通過し、粗粒はカットされます。竪型ミルは回転するテーブルとローラーの間に石炭を噛み込み、押し潰しとすり潰しの作用により、粉砕するものです。 三菱重工グループでは小容量から大容量まで幅広いラインアップを提供しています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績