低速風洞:低騒音風洞
[ 試験装置 ]

低速風洞:低騒音風洞
低騒音風洞は、送風機で人工的に空気の流れを発生させ、その周りの空力騒音を計測する実験装置です。
近年、各種交通機関(航空機、鉄道、自動車 etc.)の高速化に伴い、車体等から発生する空力騒音が問題となるケースが増加しています。三菱重工グループの低騒音風洞は、各種交通機関等様々な空力騒音低減を目的とした研究・開発に使用され、高精度な音響計測が対応可能なよう、風洞自身の発生騒音レベルを極限まで抑えた優れた静粛性を有する設備です。

三菱重工グループの実績