サーベイランス試験

原子炉材料は原子炉での照射により、その特性に種々の影響を受けます。
この影響を調べるために、照射後に試験片を計画的に取り出して、照射後試験を行っています。試験片は実際の原子力発電プラントの運転と同様の照射を受けるように、原子炉容器内にあらかじめ取り付けています。決められた期間毎にその試験片を取り出し、破壊検査を行うことにより、使用中の原子炉容器の材料特性の変化を監視し、原子炉の安全性を確認しています。

お問い合わせ

三菱重工グループの実績