運転訓練

運転訓練
原子力発電所の安全は、原子力発電に携わる全ての人が支えています。三菱グループは、原子力発電所を運転する方々の訓練を行う専門の関連会社を設立し、運転員の教育・訓練を行っています。
株式会社原子力発電訓練センターは原子力発電プラントを採用している電力会社と共同出資で1972年に設立された会社です。現在日本で運転されている原子力発電所のうち、加圧水型(PWR)原子力発電所運転員の教育、訓練を行っています。日本の加圧水型発電所は5つの道・県にあり、これらの発電所から派遣された年間延べ3,000人の原子炉の運転員が日夜訓練に励んでいます。運転員の教育・訓練を担当する教官は、プラントメーカーの設計・試運転経験者、電力会社のベテラン運転員および、当センター内で訓練経験を積んだ人達です。

この製品の詳しい情報を見る:

お問い合わせ

三菱重工グループの実績