Top of page. Skip to main contents. Skip to main menu. Skip to footer.

Press Information

三菱重工舶用機械エンジン
約30%の省電力を実現した電動アシストMET過給機を開発
米カルネティックス・テクノロジーズと提携

  • Linkedin
【電動アシストMET過給機】

※ハイブリッド MET過給機は、高速発電・電動機を内蔵し、エンジンの排ガスによって生成されるエネルギーを活用することで、最大で主機エンジンの5%の出力を供給することができます。そのため、ハイブリッド MET過給機によって船内電力を賄い、ディーゼル発電による補助装置の運転しないことで、船舶の燃料消費量を大幅に削減することができます。

三菱重工舶用機械エンジン株式会社について
三菱重工の100%子会社で、2013年10月1日に、三菱重工の舶用機械、エンジンの開発・設計・販売・アフターサービスおよびライセンス業務を承継して発足しました。三菱重工舶用機械エンジンは2ストローク低速エンジン、MET過給機、プロペラ、舶用ボイラー/タービン、デッキクレーン、甲板機械、フィンスタビライザー、舵取機など、世界で類を見ないほどの幅広い舶用機械、エンジンのラインナップを有し、三菱重工の技術力をベースに、高い信頼性と性能を両立した製品を提供しています。三菱重工舶用機械エンジンの詳細についてはウェブサイトをご参照ください。

カルネティックス・テクノロジーズについて
Calnetix Technologies, LLC(本社:米国カリフォルニア州セリトス)は高性能電動モーター、発電・電動機、パワーコンディショニング向けエレクトロニクスおよび磁気軸受けシステムの設計、開発、製造を行い、産業界の革新を推進しています。Calnetixは1998年の創業以来、独自の特許技術を基盤に製品開発を続け、高速機械の設計・製造における世界的なリーダーとしての地位を確立しています。広範な技術と高度なシステムインテグレーション力を持つCalnetixは業界の有力企業と開発・製造契約を締結すると同時に、ユニークなニッチ市場を対象とする多くの有望な子会社を設立しています。Calnetixの詳細についてはウェブサイトをご参照ください。


担当窓口:三菱重工舶用機械エンジン株式会社