ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

和田岬砲台

  • Linkedin
和田岬砲台

神戸造船所構内には、江戸末期の1864年(元治元年)に建設された「和田岬砲台」が現存しています。 当時、外国艦船の来航に伴い、沿岸を防備する必要に迫られ、徳川幕府により和田岬・川崎(湊川)・西宮・今津の各所に同型の砲台が建設されました。設計は勝海舟。完成には、約1年半の月日と2万5千両の費用を要しました。
湊川・今津の砲台はすでに取り壊され、西宮の砲台も内部が焼失し、石郭のみとなり、現在、和田岬砲台のみが当時のままの面影を残しており、 1921年(大正10年)3月3日には兵庫県下における史跡第1号に指定されています。

勝 海舟
勝 海舟
1階部分修理前
1階部分修理前
1階部分修理後
1階部分修理後
2階部分修理前
2階部分修理前
2階部分修理後
2階部分修理後

外郭部が石造、内部が木造2階建という構造で、石造部分は瀬戸内海の塩飽諸島の御影石を、また木造部位は神戸の布引・鉄拐等の山から伐採した、けやき材を使用しています。
1階に弾薬庫と砲身冷却用の井戸(深さ5.2メートル)があり、2階と屋上にはそれぞれ11門、16門の砲門が設けられていますが、実際に大砲が装備されることはありませんでした。

星形土塁
また、当時、砲台の周囲には東西約60メートル、南北約70メートルにわたって、星型の土塁が築かれていました。

和田岬砲台は築造後、大正末期から昭和初期に大修理が施され、阪神・淡路大震災にも耐えましたが、内部の木造部分の傷みが著しいため、内部の全解体修理や外郭部の石造部分の修理などを行う平成の大修理を平成21年から行い、平成26年3月末に修理工事が完工いたしました。

和田岬砲台 図解
星形土塁

見学の申し込み

和田岬砲台の修理工事竣工に伴い、砲台見学の申し込みについて以下のとおりご案内いたします。

見学日時 毎月第2木曜日(弊所休業日は前日のご案内)
9時30分開始/10時20分開始
※H27年1月より毎月第2木曜日(9:30/10:20)のみの御案内となっておりますので御了承願います。
見学所要時間 約40分
砲台への移動(マイクロバス)約20分(片道10分・バス乗降時間含む)
砲台見学約20分
見学対象者 原則、中学生以上
見学受入人数 20人/回まで
見学受付 見学希望月の2カ月前から見学希望日の3日前まで電話にて受付(先着順)
下表見学カレンダーの空き状況をご確認いただき、ご連絡ください。
【受付・問い合わせ】
三菱重工グループ会社
ダイヤモンドオフィスサービス㈱ 神戸ビジネスセンター 業務グループ
TEL:078-672-4820
受付時間10:00~12:00 13:00~16:00
※土日、祝祭日、弊所休業日は除きます。
所定の人数に達した場合、その時点で受付を終了させていただきます。
見学申込書
  • 見学受付の確認をされましたら、下記申込書をダウンロードし、
    必要事項を記入後、FAXまたは郵送にてご送付ください。
    見学申込書はこちらから(PDF)

    【送付先】
    ダイヤモンドオフィスサービス㈱ 神戸ビジネスセンター 業務グループ
    FAX:078-672-2489
    郵送の場合:〒652-8585 神戸市兵庫区和田崎町1-1-1
その他
  • 砲台内部の見学は1階のみとなりますので、あらかじめご了承願います。
  • 11人以上の見学は団体として受付いたしますので、見学日については別途、ご相談ください。(原則、毎週月・火・水・金の10時開始のみ)
    但し、砲台への移動(往復)は徒歩となりますので、ご了承願います。
    なお、旅行社からの申し込みはご遠慮ください。
  • 工場内及び砲台周辺の撮影は一切禁止で、撮影は砲台内部(1階のみ)となりますので、あらかじめご了承願います。
  • 自家用車でのご来所は駐車スペースがございませんので、ご遠慮ください。

見学カレンダー

○は予約可能日、×は満員見学受付は2カ月前からとなります。

平成30年4月1日現在

日付 平成30年4月12日(木) 平成30年5月10日(木) 平成30年6月14日(木)
開始時間 9:30 10:20 9:30 10:20 9:30 10:20
申し込み状況
  • 平成30年7月の申し込みは平成30年5月7日(月)から受付となります。