ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

下関造船所

概要

下関造船所

三菱重工業 下関造船所は、1914年(大正3年)に操業を開始し、現在は、船舶部門の江浦工場、機械・航空機部門の大和町工場の2工場体制です。海に、陸に、空に、幅広い分野で活躍しています。

所在地

江浦工場

フェリー、自動車運搬船をはじめ、ハイテクノロジーを駆使した海洋研究船やケーブル敷設船などの特殊船、軽合金製高速船と多種多様な船を世界の海に送り出しています。 伝統に培われた技術と最先端の技術、豊富な造船技術で多様なニーズにお応えします。

住所: 〒750-8505 山口県下関市彦島江の浦町6-16-1
アクセスマップ
下関駅周辺地図 (264KB)
電話: 083-266-2111(代表)
江浦工場

大和町工場

船舶の安全・効率に貢献する甲板機械、軽量かつ高い強度の航空機用FRP部品、機械の省力化に欠くことのできない油圧機器、構造物などの耐震・疲労・強度を正確に解析する試験装置、ボイラの効率が大幅に向上するエアヒータ、などを製作しています。

住所: 〒750-8505 山口県下関市東大和町2-16-1
大和工場

主要製品

その他の情報

地域情報

企業情報