LE-7A(H-IIA/H-IIBロケット用第1段エンジン)
[ ロケットエンジン(液酸/液水エンジン) ]

LE-7A(H-IIA/H-IIBロケット用第1段エンジン)
LE-7Aロケットエンジンは、H-IIロケットの第一段用として開発されたLE-7エンジンの改良型で、二段燃焼サイクル方式を採用。 競争の激しい世界の人工衛星打ち上げ受注ビジネスに打ち勝つために、現在開発中のH-IIAロケットの第一段エンジンとして、信頼性の向上、運用性改善、コスト低減などをめざして改良が進められました。

主要目

推進薬 液体酸素/液体水素
推力(真空中) 112 ton
比推力(真空中) 440sec
重量 1,780kg
全長 3,670mm

三菱重工グループの実績