ESG指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定

◆ 環境、社会、ガバナンスの対応で高い評価を受ける
◆ GPIFのESGパッシブファンドのベンチマークにも採用の指数

 

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

三菱重工業は、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業を選出する「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されました。

本インデックスは、グローバルインデックスプロバイダーである英FTSE Russellから提供されていたFTSE Blossom Japan Index Seriesを拡張したもので、世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が最新のESGパッシブファンドのベンチマークとして採用しています。

三菱重工グループは、今回のFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexへの組み入れを弾みにサステナビリティへの取り組みにさらなる力を注ぎ、ステークホルダーから信頼され、人と地球の確かな未来、「サステナブルな社会」の実現に貢献する企業として成長していきます。

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築されたFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコア(注)により改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。

  • TPI経営品質スコア : 企業の温室効果ガス排出量および低炭素への移行に関連するリスクと機会の管理の質を評価するもの。