Press Information

越谷市科学技術体験センターで「飛行機はなぜ飛ぶの~MRJ~」理科授業を開催しました

Print

去る7月2日(土曜)、越谷市が運営する越谷市科学技術体験センターにて近隣の小学4~6年生を対象にした理科授業を開催し、児童19名(男子16名・女子3名)が参加しました。

当日は、一般社団法人ディレクトフォース理科実験グループの先生方にご協力頂き、「飛行機はなぜ飛ぶの~MRJ~」というテーマで、飛行機の歴史や飛ぶ原理の講話を受けたのち、飛行機模型を制作して飛行コンテストを行いました。
講話の時間では、飛行機の歴史について説明をする講師に対し、熱心に聴く児童が多く、講師の質問に対しても積極的に手を挙げて答える児童の姿を見て、飛行機に対する興味の高さがうかがえました。

参加した児童からは、「飛行機の飛ぶ仕組みがわかって良かった」「自分で作ったものをいろいろ考えて手直しするときが面白かった」との感想が寄せられています。中には、昨年度同施設で実施した風力発電に関する理科授業に参加した児童が今年も参加しており、当社グループの理科授業を楽しみにしてくれていることがわかりました。

当社グループは、CSR行動指針「次世代への架け橋」に基づき、今後も「科学技術」に係わる理科授業を子どもたち向けに実施してまいります。

紙飛行機を作る子どもたち

完成した紙飛行機を見せ合う

作った紙飛行機を飛ばす子供たち

飛行機が飛ぶ原理について講義

飛ぶ原理をドライヤーとスプーンを使って実験!

飛行コンテンスト、女の子が優勝!

mission_net_zero

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。
長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 モビリティの電化・知能化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。

詳しくは: