Press Information

再生可能エネルギーとの"トリプルハイブリッド"自立給電システムEBLOXをアフリカに提案へ MHIETがトルコのチャルックエナジー社と横浜TICAD7を機に拡販協業でMOUに調印

Print

三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(MHIET、社長:梶野 武、本社:相模原市中央区)は、太陽光などによる再生可能エネルギー発電とレシプロエンジン発電および蓄電池を組み合わせ最適な安定制御ができる”トリプルハイブリッド”自立給電システム「EBLOX(イブロックス)」の拡販に向けた協業で、トルコ共和国有数の財閥チャルックホールディング(Calik Holding)傘下の総合エネルギー・インフラ事業会社であるチャルックエナジー(Calik Enerji Sanayi ve Ticaret A.S.)との覚書(MOU:Memorandum of Understanding)に調印しました。電力供給網の整備が遅れているアフリカ地域を中心に、同地域市場に強いチャルックエナジー社の支援を得て、自然界から安定的に電力を得られるEBLOXを分散型電源として普及させていくことが狙いです。