Press Information

インドネシアにおける分散型電源としてディーゼル発電設備147基を受注
MHIET、カリマンタン島とスラウェシ島の22地区向けに

Print

 三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(MHIET、社長:花沢 芳之、本社:相模原市中央区)は、インドネシアの国営電力会社であるPT. PLN(Persero)(PLN社)向けに、ディーゼル発電設備の主要ラインアップであるMGSシリーズ147基を受注しました。多数の島嶼からなる同国における効果的な分散型電源として活用されるもので、2018年前半にかけて、カリマンタン(Kalimantan)島とスラウェシ(Sulawesi)島の22地区で順次営業運転を開始する予定です。