Press Information

Primetals Technologies、中国向け選択式排ガス再循環システム(SWGR)を初受注

Print

Primetals Technologiesは、中国の鉄鋼メーカーである山東鋼鉄集団(山鋼)日照有限公司から、環境への排ガス放出量を大幅に削減する選択式排ガス再循環システム(SWGR)を受注しました。山鋼が山東省日照に建設する製鉄施設の新たな焼結機に使用されるもので、これにより、排ガス再循環率最大40%を実現して、大気への排ガス放出量を毎時約77万m3削減します。さらに、焼結工程でのコークス消費量を約5%削減するとともに、排ガス流量の低減に伴って、下流のガス浄化設備の30%小型化も可能とします。この環境型ソリューションはすでにオーストラリア、韓国および台湾に導入され、排ガス放出量の削減と運転コストの削減において優れた実績を示してきましたが、中国本土向け受注は今回が初めてです。SWGRを装着した新規焼結機(フェーズ1)の立ち上げは2017年9月の予定。