Press Information

ターボ分子ポンプ事業を株式会社島津製作所殿へ譲渡

Print

1月1日付けで、広製のターボ分子ポンプ事業が、分析・計測機器等のトップメーカーである株式会社島津製作所殿へ譲渡されました。

ターボ分子ポンプ
当所のターボ分子ポンプ事業は、昭和61年に、原子力機器で培われた真空技術を生かして事業化されたもので、以来、当所が得意とするタービン等の回転体技術をベースに事業展開してきましたが、今後の事業の集中と選択を進める中で、ターボ分子ポンプ事業の一層の強化を目指す島津製作所殿に譲渡されることになったものです。
島津製作所殿は、ターボ分子ポンプの市場では世界シェア3位を誇るトップメーカーで、排気速度毎秒190~4,200リットルの製品を主力とする品揃えとなっていますが、当社の製品群(排気速度毎秒50~6,000リットル)を組み込んでラインナップの拡充を図ります。
また、当所では、真空技術自体の保有は続け、真空技術をコアとする有機EL製造装置等の開発に注力していく方針です。