Top of page. Skip to main contents. Skip to main menu. Skip to footer.

Press Information

英国ヒンクリーポイントC原子力発電所向け原子力発電所向けポンプ34台を受注
ニュークリア・ニュービルド社(NNB)から

三菱重工業株式会社
ウェア・エンジニアリング・サービス社

  • 文字:
  • Print
  • Linkedin

ヒンクリーポイントC原子力発電所は、イングランド南西部のサマセット州に建設されるもので、炉型には出力各160万kW級の欧州加圧水型炉(EPR)が採用されます。
今回の原子力発電所向けポンプは、WESがプロジェクト管理、モーターの調達、工場試験、現地据付指導を手掛け、三菱重工はWESから発注を受け、ポンプの設計・製作を担当します。

NNBは英国の総合エネルギー企業であるEDFエナジー社の子会社で、今回の原子力発電所の建設・運営のために設立された会社です。
また、WESは、エンジニアリング大手であるウェア・グループ(Weir Group)の中核企業で、三菱重工とウェア社は2010年5月以来、原子力発電所向けポンプの供給・メンテナンスで協業の関係にあります。

WESのマイク・マニオン(Mike Mannion)社長は次のように述べています。「今回の受注は、三菱重工とウェア社が最適のポンプ・ソリューションの提供に向け密接に連携してきた成果であり、両社にとってのみならず、日本と英国の原子力産業にとって素晴らしいニュースとなりました。この協業関係は両社の優れた専門性に基づくものであり、私たちは今後も、価値あるソリューションを世界の原子力事業者に提供し続けていきます」。

ウェア社は、原子力をはじめとするエネルギー・産業向けポンプ・バルブのメンテナンス会社です。スコットランド最大の都市であるグラスゴーに本社を置き、全世界200ヵ所に及ぶ生産拠点とサービス拠点を構えて、70ヵ国超で事業を展開しています。鉱物、オイル&ガス、発電の3つの事業部門を持ち、従業員数は約1万4,000人です。

三菱重工とウェア社は今後も、良好な協業関係を維持しつつ、ヒンクリーポイントC原子力発電所建設プロジェクトを全力で支えるとともに、原子力市場に対する価値ある提案を通して広範な国・地域の発展に貢献していきます。




Tags: 原子力,パワードメイン,欧州