Press Information

三菱重工、初のトランジションボンド発行を決定
2040年Net Zeroを達成し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献

Print

◆ 経済産業省「令和3年度クライメート・トランジション・ファイナンスモデル事業」におけるモデル事例に選定
◆ 選定されたモデルに基づき、カーボンニュートラル達成に関連する資金調達のため、国内公募形式でトランジションボンドを発行
◆ 脱炭素分野での幅広い実績と先進技術への取り組みを誇るリーダーとして、日本そして世界のカーボンニュートラルに資するプロジェクトの推進を加速

三菱重工業は、カーボンニュートラル達成に関連する資金調達のため、国内公募形式でトランジションボンドを発行(以下、本発行)する予定であり、本日、本発行に向けた社債の訂正発行登録書を関東財務局に提出しました。

本発行は、2022年3月18日にプレスリリースで発表した、経済産業省「令和3年度クライメート・トランジション・ファイナンスモデル事業」(注)に選定されたモデルに基づくものです。
自社の経済活動に伴う排出削減だけでなく、「自社の製品・サービスを通じて、他者のトランジション戦略の実現を可能にする取組を計画している」点が当社モデル事例の特長の一つです。
当社は、トランジションボンドの発行により、資金調達手段の多様化を進めるとともに、「2040年カーボンニュートラル」の実現に取り組みます。

本発行の概要

名称(予定) 三菱重工業株式会社第40回担保社債(社債間限定同順位特約付)
(第1回三菱重工トランジションボンド)
発行年限(予定) 5年
発行額(予定) 100億円
発行時期(予定) 9月上旬
資金使途(予定)(注)
  • 水素焚き(専焼・混焼)ガスタービン
  • 石炭火力(アンモニア混焼改造)
  • 発電用ガスエンジン(水素専焼・混焼)
  • 水素製造(ブルー・ターコイズなど)
  • 製鉄機械(水素還元製鉄など)
  • CO2回収・貯留 など
ストラクチャリング・エージェント 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
主幹事証券会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、みずほ証券株式会社、野村證券株式会社、大和証券株式会社、BofA証券株式会社、ゴールドマン・サックス証券株式会社
第三者評価 DNV ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社
トランジションボンドの適合性評価 ICMAグリーンボンド原則2021、環境省グリーンボンドガイドライン2020年版、LMA・APLMA・LSTAグリーンローン原則、環境省グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版、ICMAクライメート・トランジションファイナンス・ハンドブック2020並びに金融庁・経済産業省・環境省クライメート・トランジション・ファイナンスに関する基本指針(2021年5月版)に適合している旨、第三者機関であるDNV ビジネス・アシュアランス・ジャパンからセカンド・パーティ・オピニオンを取得

(注)資金使途は、上記のプロジェクトを軸に選定され、また、三菱重工業株式会社グリーン/トランジションファイナンス・フレームワークに記載する、国の示すさまざまな分野別ロードマップとの整合が確認された適格事業・プロジェクトの研究開発資金、事業開発資金、事業運営資金、運転資金等が含まれる場合があります。

 


Tags: トランジションボンド,カーボンニュートラル,エナジートランジション
mission_net_zero

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。
長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 社会インフラのスマート化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。

詳しくは: