ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

三菱重工グループの社会貢献活動 動画

  • Linkedin
目指すのは誰もが安心して暮らせる社会

目指すのは、全ての人々が笑顔で暮らせる社会

三菱重工グループは、製品・技術を通じて社会の発展に貢献することに加え、「次世代育成」「環境保全」「地域貢献」を重点分野として、世界各地でさまざまな社会貢献活動を行っています。

  • 三菱重工グループの社会貢献活動 紹介ムービー【3分32秒】

次世代育成~未来をつくる子どもたちへ~

エンジニアの卵を育てる

三菱日立パワーシステムズアメリカ(Mitsubishi Hitachi Power Systems Americas, Inc.)では、米国フロリダ州のオーランドサービスセンターに地元の高校生や大学生を招いて、工場見学やエンジニアによる講義等を行っています。
米国三菱航空機株式会社(Mitsubishi Aircraft Corporation Americas, Inc.)では、 U.S.ロケット&スペース財団が主催するアラバマ州での「スペースキャンプ」に地元モーゼスレイク(ワシントン州)の学生を招待し、航空宇宙分野のキャリア体験の機会を提供するなど、各地で次世代を担う子どもたちへ向けた活動を行っています。

三菱日立パワーシステムズアメリカによる地元女子高生向け講義
三菱日立パワーシステムズアメリカによる地元女子高生向け講義

スポーツで通じ合う心と心

浦和レッズ「ハートフルサッカーin ASIA 」カンボジアでの集合写真
浦和レッズ「ハートフルサッカーin ASIA 」カンボジアでの集合写真

三菱重工グループの浦和レッドダイヤモンズ株式会社は、サッカーを通じて子どもたちの"こころ"を育むことを目的に、アジアを中心とした国々で、草の根国際交流活動「ハートフルサッカーin ASIA」を毎年行っています。
ラグビーチームの三菱重工相模原ダイナボアーズは、地域の子どもたちを対象に定期的に「タグラグビー教室」を開催し、子どもたちに体を動かすことの楽しさやチームプレーの大切さを学んでもらえる機会を提供しています。

ものづくりのやりがいと科学の楽しさを伝える

長崎市や下関市の造船所では、地域の小学生を招いて工場見学を行い、進水式を間近に控えた巨大な船を真下から見上げ、迫力あるものづくりの現場を実感してもらいました。また、船の設計や製造に携わる社員らが講師となって船の工作・実験授業を行い、ものづくりの楽しさややりがいを子どもたちに伝えています。
また、ロケットの開発・製造・打上げに携わる当社グループならではの活動として、種子島でのロケット打上げに全国から小学生を招き、ロケットと宇宙の特別授業からなる「種子島宇宙教室」を開催しています。その他にも、全国各地の事業拠点近隣の小学校や横浜市の三菱みなとみらい技術館で、当社グループの製品・技術などを教材にした理科授業を行っています。

下関造船所「早く走る船」をテーマに蒸気で走るポンポン船の工作教室
下関造船所「早く走る船」をテーマに蒸気で走るポンポン船の工作教室

環境保全~青い地球を守るために~

豊かな自然を守る

種子島アカウミガメの保全調査ボランティア(講師による事前指導)
種子島アカウミガメの保全調査ボランティア(講師による事前指導)

中国の大連菱日電力設備有限公司では、環境保護ボランティア協会が主催する植樹活動に社員ボランティアが参加し、地域の地盤安定化および生態系の保全に貢献しました。
当社グループのロケット打上げ事業の重要な拠点である種子島は、世界的に絶滅が危惧されているアカウミガメの産卵が日本で2番目に多い地域であることから、生物多様性の保全を目的に、2015年度からNPO法人アースウォッチ・ジャパンとともにアカウミガメ保全調査に協力しています。

地域貢献~地域の人々とともに~

誰もが安心して暮らせる社会を

病児とそのご家族ためのリゾート施設での食事作りや、スペシャルオリンピックスでのボランティア、事業所周辺の保育園での社員による人形劇の上演など、各地で地域に根差した活動を行っています。
また、災害支援の取り組みとしては、東日本大震災被災地でのがれき撤去作業を実施したほか、津波や水害で被害を受けた写真を洗浄し、持ち主が探しやすい状態で被災地にお返しする写真洗浄のボランティアを継続しています。

米国フロリダ州 病児と家族のリゾート施設でのボランティア
米国フロリダ州 病児と家族のリゾート施設でのボランティア

社会貢献活動の詳細は三菱重工ウェブサイトおよびFacebookをご覧ください。

CSR