ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

水リスク

  • Linkedin

三菱重工グループ第三次環境目標(2015年度~2017年度)の中で、水使用量を削減する目標を国内グループ全体および海外グループ全体で設定しています。

2017年度の国内グループ全体の水使用量は7,092千m3となり、2016年度と比較して減少しました。一方、海外グループ全体の2017年度の水使用量は3,839千m3となり、2016年度と比較して増加しました。増加した主な理由はデータ収集範囲を拡大し、グループ会社のデータを新たに集計対象として加えたためです。三菱重工グループでは、今般策定した「三菱重工グループ第4次環境目標」に則り、2018 年度以降も引き続き水使用量の削減に取り組んでいきます。

水使用量

  • 国内グループ[2017年度]
    7,092千m3(注1)
    • 1集計範囲は三菱重工業(株)および国内グループ会社49社
  • 海外グループ[2017年度]
    3,839千m3(注2)
    • 2集計範囲は海外グループ会社98社

水リスクに関する各種データをご覧いただけます。

パフォーマンスデータ

CSR