気候変動

三菱重工グループは、三菱重工グループ長期環境目標(2018~2030)および第四次環境目標(2018年度~2020年度)の中で、CO2排出量を削減する目標を設定し、事業活動や製品・サービスを通じて気候変動問題の解決に取り組んでいます。

事業活動における2019年度のCO2排出量は71万トン となり、2018年度のCO2排出量と比較して減少しました。
当社グループは、「三菱重工グループ第四次環境目標」に則り、引き続き省エネ活動の推進や作業改善によるエネルギー負荷削減等を進め、2020年度以降もCO2排出量の削減に取り組んでいきます。

  • CO2排出量(スコープ1・2)

    2019年度
    71万t(注1)
  • CO2排出量原単位削減率(2014年度比)

    2019年度
    24.9
  • 1三菱重工業(株)単独および国内外グループ会社163社

気候変動に関する各種データをご覧いただけます。

パフォーマンスデータ