ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

プラントの心臓部を支える製造技術の開発

製造

  • Linkedin
ファン カンスン

ファン カンスン

総合研究所

2008年入社
材料科学専攻 修了

働き方紹介

なぜ三菱重工?この会社での働き甲斐は何ですか?

世界トップクラスの企業で働く

技術レベルの高い三菱重工の研究所は、小さい頃からの自分の夢であった最先端技術へのチャレンジができること、また業務を通して社会貢献ができることから強く希望しました。

ものづくり技術の限界に挑む!

より高効率なコンプレッサを作り出すためには、製品の大型化や形状の複雑化は避けられません。これを実現するためには、これまで培ってきた技術を生かしながらシミュレーション技術により製造上の問題を事前に把握し、計画段階で最適な製造条件を見出す必要があります。常にものづくり技術の限界に挑み、高い技術が求められる仕事に関わることができ、大いにやりがいを感じています。

自席での業務風景
自席での業務風景

研究所の仕事の様子を教えてください。

多岐に渡る分野の専門家と切磋琢磨しながら働いています。

すべては、製品の製造過程で生じる様々な問題と向き合うところから始まります。まず課題を把握し、原因を見極めて対策を検討します。そして、現場で検証を重ねて次へ繋げるための解決策を見出し、ものづくりの現場に展開することが研究所の大事な仕事です。
また、製品の製造には溶解・鋳造・熱処理・機械加工・検査など数多くの工程があるため、冶金・伝熱・流体など様々な分野の専門家と議論を重ねながら仕事を進めていきます。その中で必然的に仕事を進める仲間が増え、他分野の知識も備わり自分自身もレベルアップすることができます。
研究所は、このように恵まれた環境で研究・実験に取り組むことができ、大きな充実感を味わえる職場です。

コミュニケーションを大切に!

ものづくりの現場では、小さな工夫に見えることが大変重要な意味を持つことが多くあります。そのため、製造現場の方々と良く議論し、実物を良く見て、現象をしっかりと理解すると共にシミュレーション技術を用いて最適な製造条件を見出すことが重要です。だからこそ研究所の仲間だけではなく、製造現場の作業者や設計担当者とのコミュニケーションが非常に大事になります。

実験棟にて関係者と打ち合わせ
実験棟にて関係者と打ち合わせ
実験装置の前で
実験装置の前で

オフの時間の過ごし方を教えてください。

家族や仲間と過ごす時間を大切に。自己研鑽も継続しています。

(1)家族との時間を大切にする

基本的に、休日は家族と一緒に過ごす時間を大切にしています。動物園に出かけたり、キャンプに出かけたり、いつも家族と一緒に過ごしています。

(2)趣味を楽しむ

音楽が好きで、暇さえあればギターを弾いています。実は少し前にピアノを購入したのですが、これがなかなか面白くて、つい時間を忘れるほど練習に没頭してしまうこともあります。

(3)グローバル化に備える

入社してから7年間、月に2回の英語クラブに通い続けています。英語でのスピーチ練習が主な内容ですが、メンバーとの打ち合わせや司会進行も全て英語で行っているため、色々な場面で使う英語を身につけることができます。皆様にもぜひお勧めします!

(4)職場の仲間

右の写真は、職場の仲間と一緒に故郷のベトナムに帰った時の思い出の一枚です。いつもお世話になっている方々に自分の故郷を案内し、楽しんでいただけて大変良かったです。

ホーチミン市のホテル前にて
ホーチミン市のホテル前にて

企業情報