造船エンジニアリング
[ エンジニアリング事業 ]

この製品の詳しい情報を見る:

幅広い造船設計のお悩みにフレキシブルに対応します

エンジニアリング事業

三菱重工は130年を超える造船事業の中で培った技術を他社造船所へ提供する「エンジニアリング事業」を2012年より開始しました。

船舶の性能を決定する船型開発の他、幅広い設計・解析支援、また省エネデバイスやLNG関連機器など、プロジェクトに応じた柔軟なソリューションを個別に提供することで、海運・造船に広くかかわるステークホルダーに新たなビジネスチャンスを創造しています。

設計サポートメニュー

サポートメニュー

三菱造船では新規船型開発におけるコンセプト設計(初期計画)から詳細設計まで幅広いサービスメニューを他社造船所だけでなく、船主や船舶オペレーターにも提供しています。
サービスメニューも上記、設計工程の順番にとらわれず特定の範囲のみのご依頼も承っております。

  • 計画したことない船種・サイズなので初期計画を手伝って欲しい
  • 自社開発船型の性能推定・CFD船型最適化に関してアドバイスが欲しい
  • 船型開発条件はすでに定まっているので船型開発と水槽試験だけを依頼したい
  • 竣工後のトラブル対応・原因究明に支援が欲しい

などなど、どんなお困りごとでもご相談ください。

構造設計支援

大規模構造解析
大規模構造解析
(全体/局部強度解析、疲労解析、固有振動解析、振動応答解析など)

例えば構造設計分野では初期計画段階からアフターサービスまで下記のようなサービスを実施しています。

  • 構造初期計画・合理化検討
  • 構造基本設計・船級承認取得
  • 規則計算・FEM構造解析
  • 構造詳細設計(MATES/3D-Viewerとの連携)
  • ハンマリング試験・乗船振動計測・水中振動計測
  • トラブル対策・損傷逆解析

上記にかかわらず設計に関わる幅広いお悩みに柔軟にお答えします。

FSU/FSRU関連エンジニアリング

洋上LNG受入れ基地である、FSRU(Floating Storage & Regasificatrion Unit)・FSU(Floating Storage Unit)に関するエンジニアリングも幅広く提供しています。
新造プロジェクトだけでなく、中古LNG船の改造工事に関するエンジニアリングも実施しています。

  • Research & Development
  • Feasibility Study
  • FEED
  • Tender Specification

建造・改造工事契約後の造船所サポートも承っております。

LNG発電設備(GTCC)を併設し、発電バージ化したFSRU
LNG発電設備(GTCC)を併設し、発電バージ化したFSRU
三菱造船自社設計のLNG MORV(Marine Open Rack Vaporizer)
三菱造船自社設計のLNG MORV(Marine Open Rack Vaporizer)

三菱重工グループの実績