ターボシャフトTS1エンジン
[ エンジン ]
[ 防衛 ]

ターボシャフトTS1エンジン
本エンジンは、防衛省がOH-1観測ヘリコプタ用として国産開発した900馬力クラスのターボシャフトエンジンです。当社が設計・製造の主契約者となり、平成3年(1991年)に開発を開始し、平成8年(1996年)8月に初飛行、平成10年(1998年)に量産初号機を出荷しました。また平成13年(2001年)から運用コスト低減のため圧縮機、タービン等の改良により、燃料消費率を向上させると共にタービン入口温度を下げることでエンジンの耐久性を向上させるTS1-M-10Aの開発が開始しました。TS1-M-10Aは、平成22年(2010年)から順次TS1-M-10を改修し、運用されています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績