PW210
[ 航空機用エンジン ]
[ 航空 ]

PW210
本エンジンは、プラット・アンド・ホイットニー・カナダ社により先進技術を用いて開発された1,100馬力クラスの次世代ヘリコプター用エンジンです。
このエンジンは優れた燃費、出力重量比、環境性能を達成。シコルスキー社製S-76Dに搭載のエンジンは、平成23年(2011年)型式証明を取得、平成25年(2013年)より運航を開始、レオナルド社(旧アグスタウェストランド社)製AW169用に搭載のエンジンは、平成26年(2014年)に型式証明を取得、平成27年(2015年)より運航を開始しました。当社はリスク・シェアリング・パートナーとして、低圧タービン部位の設計・開発及び製造を担当しています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績