建設機械等のエンジン用アスベスト含有補修用部品の出荷に関するお詫びとお知らせ

三菱重工業株式会社

(改1:下線部修正)

「労働安全衛生法施行令」改正により、2006年9月1日から石綿(アスベスト)をその重量の0.1%を超えて含有するものは、製造・輸入・譲渡・提供・使用が禁止となり、弊社でも、完成品および補修用部品のノンアスベスト化に全社を挙げて鋭意取り組んで参りました。
しかしながら、当時の三菱重工業相模原製作所の建設機械等の事業において、エンジン用等のアスベスト含有補修用部品の廃棄・代替化の作業に一部不備があり、アスベスト含有の補修用部品を規制後にも誤って出荷・販売していたことが判明しましたので、お知らせすると共に、心よりお詫び申し上げます。

対象部品は、2006年9月から2015年7月に補修用部品として出荷された、建設機械・車両等機種(モータグレーダ、ホイールタイプローダ等)用のエンジン等のガスケット、パッキン等(別添資料参照)です。これらの部品は、通常使用時や取り付け作業時にはアスベストが飛散する可能性は極めて低く、安全性に問題は無いと考えております。但し、部品交換・廃棄等の取り外し作業時には、アスベストによる健康障害を防ぐため別添資料に記載の処置が必要となります。

弊社はアスベスト含有部品の出荷が判明して以降、対象部品の特定、出荷後の流通経路の追跡、お客様への連絡、部品の回収等に努めて参りました。結果、出荷されたと考えられる36品目286個の内、一部については既に商流の途中で回収、廃棄、搭載車両の退役済等で使用されていない事を確認できましたが、別添資料に記載の17品目209個の部品については、所在の特定、回収に至っておりません。

つきましては、下記に該当されるお客様におかれましては、弊社にて部品を回収させて頂き、アスベストを含まない部品に無償で交換の上、法令に則って廃棄処分させていただきますので、下記の連絡先にご連絡くださいますようお願い申し上げます。

1.対象部品を2006年9月以降にご購入いただいたお客様
2.2006年9月以降対象部品を使用し整備・修理された建設機械・車両等を、中古品として入手し所有するお客様

本件については、既に相模原労働基準監督署に報告を行っております。

お客様をはじめ関係者各位には、大変なご迷惑をお掛け致しましたこと、深くお詫び申し上げます。今後は再発防止に向けた対策を確実に実行すると共に、コンプライアンスの徹底に取り組んでまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先
【お客様窓口】
三菱重工業株式会社 アスベスト部品(建設機械用)コールセンター
TEL.0120-052-284(フリーダイヤル)
受付時間 平日 月曜日から金曜日9:00~17:00

以上