Press Information

微粉精鉱による、CO2を排出しない水素ベースの画期的な直接還元技術を開発

Print

· 選鉱より得られる粒径 0.15 ミリメートル未満の微粉精鉱による世界で唯一のプロセス

· 還元剤として水素を使用し、CO2排出量を削減

· 塊成化プロセスが不要なため、操業費用と設備投資が低減

· 生産能力の変動に対応するモジュール方式のプラント設計で、最小定格年産能力は最小 25 万トン

· フェストアルピーネ社の協力により、オーストリアの同社にパイロットプラントを設置