Press Information

ブラジルのテルニウム社向けスラブ連続鋳造機の最終凝固工程を新開発のSRDセグメントで改善

Print

• 世界で初めてブラジルのテルニウム社の2 ストランド方式スラブ鋳造機のストランド1基に導入

• 個別ローラー制御方式により鋳片の最適化を実現

• SRD(Single-Roll DynaGap)セグメントにより最終凝固点を正確に把握可能

• 優れたスラブ内部品質を実証

• もう1基のストランド用にもSRD セグメントを受注