Press Information

Primetals Technologies、中国・日照へエンドレス圧延設備を3プラント納入

Print

Primetals Technologiesは中国の鉄鋼メーカーである日照鋼鉄集団有限公司(日照)より発注されたArvedi ESP(エンドレス圧延設備)5プラントのうち3プラントについて最終検収書(FAC)を受領しました。厳しい日程にも関わらず全工程を期限どおりに無事完了し、第1及び第2プラントは1月に、第3プラントは4月1日に最終検収書を受領。2013年受注の最初の2プラントは、それぞれ20ヵ月、22ヵ月で、2014年受注の第3プラントは15ヵ月で稼働を開始しました。最大幅1,600 mm、最小厚0.8 mmの高級極薄熱延鋼板を年間で計765万トン生産する本設備は、炭素鋼、高強度低合金グレード鋼、二相鋼が生産可能で、板厚0.8 mmから6 mmの製造範囲のうち、現在は板厚0.8 mmの熱延鋼板の生産が中心で、1 mm以下の鋼板が50%以上を占めています。