Press Information

三菱重工業とボンバルディア社はCRJ事業承継のクロージング日
(2020年6月1日)に関して合意

担当窓口:民間機セグメント
Print

◆ 2020年6月1日より、「MHI RJ アビエーショングループ」の下、新事業の業務開始予定

三菱重工業およびカナダ・ボンバルディア社は、カナダエア・リージョナル・ジェット(CRJ)事業の承継契約のクロージングに必要な全ての条件が充足されたことを確認し、クロージング日を2020年6月1日とすることについて合意しましたのでお知らせいたします。同事業は、新しく設立される企業グループ「MHI RJ アビエーショングループ(MHIRJ)」の下、クロージング日から業務開始する予定です。

今回の取得により、当社は、CRJシリーズに関する、保守、カスタマーサポート、改修、マーケティング、販売機能と、型式証明を継承します。これらには、カナダ・ケベック州ミラベル及び同オンタリオ州トロント、米国・ウェストバージニア州ブリッジポート、同アリゾナ州ツーソンのCRJに係るサービス・サポートネットワーク主要拠点を含みます。また、予備部品については、米国・イリノイ州シカゴ、ドイツ・フランクフルトの部品供給拠点から供給が継続されます。当社の既存の民間航空機事業を補完することで、MHIRJはCRJシリーズ、そしてゆくゆくは次世代リージョナルジェットであるMitsubishi SpaceJetファミリーを含むグローバルな航空機業界への包括的なサービスとソリューションを提供します。

今後、本件承継及びCRJ事業に重要な進捗がありましたら、継続的にお知らせします。

MHI RJ アビエーショングループについて

MHI RJ アビエーショングループ(MHIRJ)は、保守、改修、マーケティングと販売機能を含む包括的なカスタマーサポートをグローバルリージョナル機市場に提供します。カナダ・ケベック州ミラベルに本社を置くMHIRJは、米国や、カナダ、ドイツにサービスセンター、サポートオフィス、そして部品供給拠点の重要な航空機拠点を有します。三菱重工業の完全子会社であるMHI RJ アビエーショングループは、MHI RJ アビエーションULC(カナダ)、MHI RJ アビエーションInc(米国)、そしてMHI RJ アビエーションGmbH(ドイツ)から構成されています。