Press Information

三菱重工とコペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ
北海道洋上風力発電開発で協業

三菱重工業株式会社
Copenhagen Infrastructure Partners P/S
Print

三菱重工業株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:泉澤清次、以下「三菱重工」)とデンマークのCopenhagen Infrastructure Partners P/S(本社:コペンハーゲン、マネージングパートナー:ヤコブ ポールセン、以下「CIP社」)は、北海道における洋上風力発電プロジェクトの開発に関して協業することで合意しました。

これまで、三菱重工とデンマークのヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)が折半出資する合弁会社のMHIヴェスタス(MHI Vestas Offshore Wind A/S)は、洋上風力発電機OEMとして欧州を中心に洋上風車市場に参画、最近では日本を含む新興市場であるアジアでもプレゼンスを発揮しつつあります。
三菱重工は、成長戦略の一環として、洋上風力発電事業のバリューチェーン全体に目を向け、CIP社との国内における洋上風力事業への参入合意に至ったものです。

CIP社は2012年に設立された、洋上風力発電を含む再生可能エネルギー・インフラ投資を中心とした世界的な大手ファンド運用会社で、約100億ユーロの資金を運用しており、2018年に日本市場に参入しています。

エナジードメインCEOの細見健太郎は、「世界の洋上風力発電プロジェクトで幅広い経験を持つCIP社との協業は、洋上風力発電事業を手掛ける出発点として非常に意義があると考えます。当社は、風力タービンOEM事業や国内外での陸上風力発電事業の経験を活かし、CIP社との協業を契機として、洋上風力発電事業を成長戦略の一つとして発展させていきたいと考えています。」と述べています。

「北海道での共同開発に向けた三菱重工との協業を発表できることを嬉しく思います。これは両社の知識と経験を組み合わせた最適な協業と言えます。三菱重工は幅広い技術ソリューションと日本市場の知見を提供し、CIPが世界最先端の洋上風力開発と投資経験をパートナーシップにもたらします」 と、CIP社のパートナーであるマイケル・ハンニバルは述べています。

日本では今後、洋上風力発電が大幅に増加することが予想されています。特に、風況に恵まれた北海道において共同で事業開発することにより、日本の洋上風力発電の普及に貢献してまいります。

以上

Copenhagen Infrastructure Partners P/Sについて

再生可能エネルギーのインフラセクターへの投資に特化したデンマークのファンドマネジメント会社。2012年に設立された市場のパイオニアであり、今日では世界的リーダーとなり、エネルギー・インフラに特化した最大のファイナンシャル・スポンサーです。CIP社は、コペンハーゲン、ニューヨーク、ロンドン、ユトレヒト、東京に約110人の従業員とオフィスを有しています。
CIP社には7つのファンドがあり、約100億ユーロが運用委託されています。同ファンドは現在、米国、英国、ドイツ、スペイン、台湾の大規模なエネルギー・インフラ資産に20件、合計約8 GWの容量を投資しています。さらに、15件以上のグリーンフィールド・エネルギー・インフラ・プロジェクトが進行中であり、今後2~3年以内に最終的な投資決定と建設開始に至る予定。ファンドには、北欧諸国、ヨーロッパ大陸、英国、イスラエル、台湾、韓国、オーストラリアなどの一流機関投資家や、EIBなどの多国間機関投資家、年金・生命保険会社や大規模なファミリーオフィスが投資家として参加しています。