Press Information

MHI ヴェスタス、国内初となる秋田市・能代市沖合の洋上風力発電設備V117-4.2MW を33 基受注

Print

MHI ヴェスタス(MHI Vestas Offshore Wind A/S)(注1)は、秋田県で進められている洋上風力発電所プロジェクト向けに、ロータ直径117m 単機出力4,200kW の洋上風力発電設備(V117-4.2MW)33 基を正式に受注しました。同社の日本国内における初の正式受注となり、秋田港内に建設される「秋田洋上風力発電所」に13 基、能代港内の「能代洋上風力発電所」に20 基を納入する計画です。いずれも2022 年の据付開始を予定しており、約139,000kW の総発電出力が見込まれております。

このプロジェクトは、秋田洋上風力発電株式会社(AOW:Akita Offshore Wind Corporation、本社:能代市)(注2)が運営するもので、MHI ヴェスタスは、着床式の洋上風車の供給と20年間の保守・メンテナンスを請け負うものです。

MHI ヴェスタスのヘンリック・ジェンセン(Henrik Jensen)CSO(注3)は、次のように述べています。「AOW から受注できたことを嬉しく思います。日本が洋上風力発電を活用したクリーンエネルギーの未来に向けて前進する中、丸紅をはじめとするAOW のパートナーとともにMHI ヴェスタスが風車を納入できることを楽しみにしています」。

秋田洋上風力発電株式会社の岡垣敬二社長は、次のように話されております。
「MHI ヴェスタス社の持つ世界的に豊富な供給実績とサービス・メンテナンスを当社は高く評価し、信頼性の高いMHI ヴェスタス社のV117-4.2 MW タービン33 基を発注できたことを光栄に思います」。

今回国内での初受注は、2019 年11 月に響灘ウィンドファーム(220MW)より機種選定を受けたことに続くものであり、今後の日本の洋上風力発電市場発展に寄与できるよう引き続き努力してまいります。また、MHI ヴェスタスの納入済みおよび今後納入予定の発電設備は、全世界で11GW(1,100 万kW)を超えており、再生可能エネルギーの普及を通じて地球環境負荷低減に貢献していきます。

  • 1MHI ヴェスタスは、デンマークのヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)と三菱重工業が折半出資する洋上風力発電設備合弁会社です。2014 年の設立で、デンマークのオーフス市に本社を置き、同国内に工場を構えるほか、英国のワイト島にも工場を保有。洋上風力発電設備市場で、世界トップクラスのシェアを誇っています。
  • 2秋田洋上風力発電株式会社(AOW)(13 社で構成される特別目的会社)
    丸紅株式会社、株式会社大林組、東北自然エネルギー株式会社、コスモエコパワー株式会社、関西電力株式会社、中部電力株式会社、株式会社秋田銀行、大森建設株式会社、株式会社沢木組、協和石油株式会社、株式会社加藤建設、株式会社寒風、三共株式会社
  • 3CSO(Chief Sales Officer)