Top of page. Skip to main contents. Skip to main menu. Skip to footer.

Press Information

制御システムの安心・安全な運用を実現するサイバーセキュリティ技術「InteRSePT®」の販売を開始
~運転状態ごとの高機能セキュリティ対策が低コスト・省スペースで可能に~

三菱重工業株式会社
日本電信電話株式会社
株式会社NTTデータ
NTTコミュニケーションズ株式会社

  • Linkedin

1.これまでの経緯
マルウェア※3やDDoS攻撃※4のようなサイバー攻撃に対するセキュリティ対策であるIDS/IPS※5、FW※6に加え、近年は、攻撃対象機器の動作特性や制御指令を監視し、指令送信のタイミングや指令内容の一部を改変して、対象機器を故障させる高度なサイバー攻撃への対策が求められています。
三菱重工とNTTは、こうしたニーズの高まりに対応するため、2016年3月にセキュリティ技術の研究開発を開始。同年11月には、三菱重工が防衛・宇宙分野で培った信頼性および安全性の高い制御技術と、NTT研究所が保有するセキュリティ統合管理・制御技術※7を組み合わせることにより、InteRSePT®の試作を完成させました。

その後、東京都内にある三菱重工のセキュリティ開発・実証拠点「サイバーラボ」で、試作の評価および制御システムへの適合性検証を行い、InteRSePT®のさらなる高度化およびO&M(運用およびメンテナンス)ビジネスへの適用範囲の拡大をはかった結果、今回の製品化・販売開始に至ったものです。

2.InteRSePT®の特徴
InteRSePT®は、「リアルタイム検知・対処装置」と「セキュリティ統合管理装置」で構成されます。ネットワークに流れるセンサ情報等のデータを統合的に監視し、従来の技術では対応が困難だった制御指令を悪用したサイバー攻撃を検知します。対象機器の運転状態ごとに、リアルタイムに適用するセキュリティルールを変更することで異常を早期に発見し、可用性を維持しながら未知のサイバー攻撃にも迅速に対応可能になります(共同特許出願中)。
また、InteRSePT®はネットワークの細部まで確認することができ、多様な産業設備・機器に対する適合性に優れています。


写真:InteRSePT<sup />®</sup>イメージ図
InteRSePT®イメージ図
  • 1 制御システムのネットワークに流れるセンサ情報等のパケットを収集・分析して運転状態を把握。
  • 2 運転状態等に応じて「リアルタイム検知・対処装置」における通信制御ルールを変更。
  • 3 ルールに基づいてパケットを分析し、通過・遮断を制御。
  • 4 複数のセンサ情報を「セキュリティ統合管理装置」に集約し、制御システム全体の挙動を統合的に監視(ふるまい検知処理※8)することで異常を早期発見し、未知のサイバー攻撃にも迅速に対応。

3.製品化にあたり
リアルタイム検知・対処装置には汎用ハードウェアを採用し、併せてネットワークスイッチと一体化することにより、低コスト・省スペース化を実現し、システム導入を容易にしました。併せて、セキュリティ統合管理装置の処理を並列化することにより、ふるまい検知処理の高速化が可能となりました。

4.各社の役割

三菱重工 「InteRSePT®」の販売/制御システムに応じたデータ分析・運転状態推定/異常検知手法、対処・復旧手法の開発および最適化設計
NTT NTT研究所が保有するセキュリティ統合管理・制御技術およびリアルタイム検知・対処技術の提供
NTTデータ 「InteRSePT®」をベースとしたセキュリティ対策ソリューションの市場展開支援
NTT Com NTT研究所のコア技術を市場に適用するために必要なデータ集積や異常検知に関する技術開発、およびセキュリティ対策ソリューションの商用化

5.今後について
今後は、三菱重工とNTT、NTTデータおよびNTT Comの協業によりInteRSePT®の低コスト・高機能性および高速処理能力、ならびに導入容易性をさまざまな業界にアピールし、個別のセキュリティ対策ソリューションを提案するとともに市場開拓を進めていきます。
さらにInteRSePT®で集約・解析したセンサ情報を、セキュリティ対策に加えて運転パラメータ最適化や予防保全による維持整備期間短縮などに有効活用し、顧客オペレーション効率向上に貢献するO&Mトータルソリューションビジネスとしての展開を進めていきます。

※1 InteRSePT®:Integrated Resilient Security and Proactive Technologyの略で、三菱重工の登録商標。
※2 可用性:システムを停止することなく継続して稼働できること。
※3 マルウェア:Malware, Malicious Softwareの短縮語で悪意のあるソフトウェア。
※4 DDoS攻撃:Distributed Denial of Service attack, 分散型サービス拒否攻撃。
※5 IDS/IPS:Intrusion Detection System/Intrusion Protection System, 侵入検知・防御システム。
※6 FW:FireWall, 不正アクセス判別・遮断システム。
※7セキュリティ統合管理・制御技術:対象機器/システムの状態や異常発生のイベントなど、攻撃の検知にまつわる情報を収集・分析し、対処装置群を統合制御して多層的な防御を実現する技術。
※8 ふるまい検知処理:対象機器/システムのいつもの運転状態と異なる挙動を検知する処理。




Tags: 防衛・宇宙セグメント、防衛