Press Information

門形五面加工機MVRシリーズの新モデル「MVR-Eχ」を発売
サーモスタビライザコラムを国内門形機で初めて標準搭載

発行 第 5530号
Print

三菱重工業は、大形工作機械の主力である門形五面加工機MVRシリーズの新モデル「MVR-Eχシリーズ」を開発しました。超精密加工機に採用している内部冷却主軸と、コラム(柱)に外気温の変化による変形を抑制するサーモスタビライザコラムを国内の門形工作機械で初めて標準搭載し、より容易に高精度な加工ができるようにしました。5月21日(水)、22日(木)の両日に当社工作機械事業部の本工場(滋賀県栗東市)で開催する「三菱重工大形機発表会」で披露し、本格販売を開始します。

MVR-Eχシリーズでは、8,000回転/分の高速主軸を標準採用。内部冷却機構を主軸とラム(注)に搭載することで、主軸の伸びおよびベアリングの発熱を抑制し、低速域で従来機以上の重切削加工と金型などの高速・高精度の仕上げ加工を両立しました。また、サーモスタビライザコラムにより、補正機能では修正できないコラムの傾きや縮みといった熱変位を、X軸とZ軸の直角度変化で500mm当たり6μm以内と極限まで抑制。設置場所の環境変化にも影響されにくくしました。さらには、主要構造体のサドルおよびクロスレールの剛性も高めており、ラムを800mm繰り出した状態でもハイパワーで安定的に切削加工できます。

一方、操作パネル画面には面積が従来比約2倍の15インチパネルを採用し、必要な情報を見やすく表示。保守画面のビジュアル化やワーク段取り時の簡易芯出しなどのオペレーターフレンドリー機能を導入しているほか、機械の状態を当社サービスセンターから遠隔監視できるリモートモニタリング保守サービス機能も標準搭載しています。さらには、段取り替え無しで側面加工が可能なライトアングルヘッドなど多彩なアタッチメントも取りそろえています。

地球環境への配慮では、主軸とサーボモーターの電源回生機能、LED照明などを採用。省エネ効果により、年間約5トンのCO2削減(当社比)を可能にしています。

MVRシリーズは、2003年の発売以来、高い精度および生産性で好評を博し、金型、産業機械、建設機械や半導体製造装置などの幅広い製造現場を中心に1,000台以上の受注実績があります。MVR-Eχシリーズは、加工性能面でより高次元のバランスを追求したものです。

当社は、今回の新モデル投入により、既存ユーザーの設備更新ニーズに応えるとともに、設備の高度化を目指す新規ユーザーの積極開拓に取り組んでいきます。

■MVR-Eχシリーズの主な仕様(標準仕様機)

項目\形式 MVR25Eχ MVR30Eχ MVR35Eχ MVR40Eχ MVR45Eχ
テーブル 作業面積 幅(mm) 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500
長さ(mm) 3,000 3,000 4,000 6,000
積載質量(トン/m) 12/3.0 20/3.0 25/4.0 35/6.0
コラム門幅(mm) 2,050 2,550 3,250 3,750 4,250
主軸端~ワーク取付面の距離(mm) 1,650 1,850
主軸頭 ラムの大きさ(mm) 350×350
主軸回転速度(回転/分) 20~8,000
主軸電動機出力(kW) 22/30(連続/30分)
ATC工具本数(本) 50
機械質量(トン/作業面長さ:mm) 33.5/3,000 33.5/3,000 51.6/4,000 59.6/4,000 98.2/6,000
  • 往復運動をする中空四角柱で、主軸を支える部分です。

製品ページ

関連製品


Tags: 産業機械,アジア,I&Iドメイン