Press Information

H-IIAロケット45号機による通信衛星 Inmarsat-6 F1の打上げ結果について

Print

三菱重工業株式会社は、種子島宇宙センターから2021年12月23日0時32分00秒(日本標準時)に、英国インマルサット社の通信衛星Inmarsat-6 F1を搭載したH-IIAロケット45号機(H-IIA・F45)を打ち上げました。
ロケットは計画どおり飛行し、打上げ後約26分18秒で通信衛星Inmarsat-6 F1を正常に分離した事を確認しました。
今回のH-IIAロケット45号機打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。

  • 本情報につきましては、次のURLでもご覧頂けます。

mission_net_zero

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。
長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 モビリティの電化・知能化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。

詳しくは: