Press Information

三菱重工サーマルシステムズ、香港市場におけるルームエアコンの最優秀ブランドに認定
消費者の利益保護を目的とした現地法定機関の市場調査で

Print

◆ 空調メーカー14社の製品のなかで唯一、同社製ルームエアコンが総合評価の5点満点を獲得

◆ 「エネルギー効率」や「使いやすさ」などの項目で特に高い評価

ルームエアコン「SRK35ZSXH-S」

ルームエアコン「SRK35ZSXH-S」

三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、消費者の利益保護を目的とした現地法定機関である香港消費者委員会(Consumer Council)の月刊誌「CHOICE」が実施したルームエアコン市場調査において、総合1位の評価を獲得しました。対象となった同社製ルームエアコン「SRK35ZSXH-S」は、4つの調査項目全てで高い評価を受け、香港の家庭用エアコン市場における最高品質のブランド認定を獲得したことになります。

今回の調査では、2021年4月時点の香港市場で販売されている計14メーカーの家庭用エアコンを対象に、「エネルギー効率」「空調の接続容量と実値の違い」「騒音値」「使いやすさ」の4項目について採点が行われました。SRK35ZSXH-Sは特にエネルギー効率や使いやすさなどが高く評価され、調査対象となった機種のなかで唯一、5点満点の総合評価を獲得しました。

香港消費者委員会は、消費者保護を目的とした法定機関として40年以上の歴史を誇り、データに基づく公正な判断を下す団体として香港の市民に幅広く受け入れられています。また、CHOICEは消費者の利益拡大を掲げて、消費者が自信を持って製品やサービスの選択ができるよう十分な情報提供に力を注いでおり、独立・透明性ある活動を展開しています。市場から消費者向けの商品をランダムで購入し、香港科技大学(Hong Kong University of Science and Technology)などの第三者機関を介して表示値と実値の違いを調査しており、エアコンに関しては毎年4月に実施しています。

三菱重工サーマルシステムズは、今回の受賞を励みとして、消費者一人ひとりに寄り添った技術・製品開発に取り組み、特長である冷熱事業領域の広さを生かしたシナジーによる統合技術力で、多種多様な市場ニーズに応じた最適なサーマルソリューションを提供していきます。


Tags: CHOICE,最優秀ブランド