Press Information

独自の空間浄化技術による新型コロナウイルス除去・不活性化を実証
三菱重工サーマルシステムズ、北里大学 大村智記念研究所との共同研究

Print

◆ 酵素・尿素製剤と微生物対策に応用したUV-C LED により、新型コロナウイルスを不活性化
◆ 今後、空間に飛散した新型コロナウイルスに対する除去・不活性化効果についても検証

三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、酵素・尿素製剤処理、またはUV-C LED(紫外線発光ダイオード)照射により、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を除去・不活性化できることを確認しました。空間に漂うウイルスの除去とエアフィルターに捕捉したウイルスの不活性化は、空間の浄化を通じたウイルス感染制御実現の可能性を示す新しい技術であり、現在から “アフターコロナ(注1)”時代にも有用です。この技術のウイルス除去・不活性化効果は、北里大学 大村智記念研究所の片山 和彦教授らとの共同研究で実証されました。

【背景】
2021年2月10日現在、SARS-CoV-2の国内の感染者数は40万人を超え、わが国だけではなく、世界的規模で第3波の流行に襲われています。このような状況下において、室内空調システムに応用可能な空間からのウイルス除去・不活性化に関する研究は、室内におけるウイルスの感染制御に資する研究であり、社会的にも喫緊の課題であることから、今般の共同研究を実施したものです。

【詳細】
この酵素・尿素製剤は抗菌・抗ウイルス・抗アレルゲン(アレル物質)機能を有しており、インフルエンザウイルスやポリオウイルスなどといった既知のウイルスに対する有効性が確認されています。今回の共同研究では、数万個のSARS-CoV-2粒子が、集塵用エアフィルターに含まれるウイルス不活性化剤(尿素と酵素)により、反応時間60分間でほぼ完全に不活性化できることが確認されました。

一方、UV-C LED は微生物汚れ対策の機能を有しています。実験では、樹脂製のプレート上に数万個のSARS-CoV-2粒子が含まれる液体を塗り広げ、3cmの距離から UV-C LED 単体でライトを照射しました。この際、照射時間内にウイルス塗布面が乾燥しないように、密閉した装置内で照射を行いました。その後、照射面のウイルスを回収し、酵素・尿素製剤と同様に不活性化効率を測定した結果、10分の照射で、ほぼ完全に不活性化できることが明らかになりました。

新型コロナウイルスに対する技術の有効性が確認されたのを受け、今後は、片山教授らの研究グループと協力して、密閉チャンバー型実験装置を開発し、空間からのウイルス除去・不活性化についても引き続き検証を行っていきます。

三菱重工サーマルシステムズは、現在の“ウィズコロナ”下の社会や、アフターコロナ時代の社会に向けた抗菌・抗ウイルス技術の開発を通じて、引き続き社会に貢献していきます。

  • 1“ポストコロナ”とも呼ばれます。新型コロナウイルス感染禍が発生する以前の“ビフォーコロナ(プレコロナ)”や、ワクチン等がなく高密度回避など以外に感染拡大を防ぐ有効対策がない"ウィズコロナ“との状況対比で使われます。