Press Information

三菱重工サーマルシステムズ、ビーバーエアコン50周年を記念して「ビーバーマスク」の販売を開始
ルームエアコンに搭載するバイオクリアフィルターをマスク専用に開発

Print

◆ 目の細かい4層のフィルター構造とすることで、ウイルス飛沫・細菌・花粉を99%カット
◆ バイオクリアフィルターの技術を用いて、捕集したウイルスや花粉の活動を抑制

ビーバーマスク

三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、ルームエアコン(ビーバーエアコン)のバイオクリアフィルター技術を活用した一般用(非医療用)使い捨てマスク「ビーバーマスク」の販売を2020年12月から開始します。

一般的なマスクは1~3層構造が採用されていますが、ビーバーマスクは、外部および内部不織布の間に日本製のマスク専用バイオクリアフィルターと超極細繊維フィルターを挟む "4層 "構造を採用しています。ビーバーエアコンに採用している空気清浄フィルター「バイオクリアフィルター」の酵素利用技術を応用した濾材を不織布に挟み込み、目の細かい"4層"のフィルター構造とすることで、ウイルス飛沫や細菌、花粉などといったアレル物質を捕集します。このフィルター構造によりBFE(Bacterial Filtration Efficiency:細菌飛沫濾過効率)(注1)、PFE(Particle Filtration Efficiency:微粒子濾過効率)(注2)において各物質の捕集効率99%を実現しています。
ウイルス飛沫や細菌、花粉を捕集する一般的なマスクの機能に加え、捕集した"ウイルスやアレル物質がマスク内で増殖・再飛散することを抑制させる機能"も持たせています(バイオクリアフィルター単体で99%のウイルス不活化を確認(注3))。

  • 1BFEとは、平均粒子径4.0~5.0μmの細菌を含む粒子がフィルターによって除去された割合(%)のことです。
  • 2PFEとは、0.1μmの試験粒子(ポリスチレン製ラテックス球形粒子)がフィルターによって除去された割合(%)のことです。
  • 3バイオクリアフィルター単体でのウイルスに対する不活化評価試験での結果(試験機関:一般財団法人北里科学環境センター)です。

マスクは、30枚入りのボックス(1袋3枚入り×10袋)として、ビーバーエアコン50周年を記念し、Amazon.co.jpで期間限定にて販売します。

Amazon.co.jp 販売サイトのリンク

サイズは一般的な成人向けマスクとほぼ同じ175×95mmの1種類で、箱や袋にはビーバーエアコンでおなじみのビーバーのイラストが描かれています。200万枚を生産する予定で、一般販売のほかに近隣自治体への無償配布も予定しています。

三菱重工サーマルシステムズは、これまでに蓄積してきた技術やノウハウを通じて、引き続き社会に貢献していきます。

ビーバーマスク

■ビーバーマスク(ボックスタイプ:1袋3枚入り×10袋)の主な仕様

項目 内容
品名 マスク(ビーバーマスク)
対象 風邪・花粉・ほこり等
素材 本体・フィルター(ポリプロピレン、レーヨン)
耳ひも(ナイロン、ポリウレタン)
ノーズフィッター(ポリエチレン)
抗菌材 酵素系抗菌剤
加工部位:フィルター
枚数 30枚(3枚入り×10袋)
包装材の材質 外装・内装(ポリプロピレン)
販売価格 3,900円(税込み)
販売方法 Amazon.co.jpでのオンライン販売

【問い合わせ先】
三菱重工サーマルシステムズ株式会社 営業部 営業管理課 商計チーム  TEL:052-503-9734


Tags: ビーバーエアコン,バイオクリアフィルター