Press Information

三菱重工グループのスポーツチームの挑戦が始まる

Print

◆ 新生硬式野球部2チームが発足、新体制を発表
◆ マラソン部はニューイヤー駅伝に、ラグビーはトップリーグに出場

三菱重工West硬式野球部

三菱重工West硬式野球部

三菱重工East硬式野球部

三菱重工East硬式野球部

三菱重工グループは、本年3月に発表の通り、2021年シーズンからスポーツを通じて「社会貢献・CSR」「社員エンゲージメント」「企業ブランド」を向上する活動を本格的にスタートさせ、企業スポーツの強化を推進して参ります。
具体的な強化策の一つとして、硬式野球部4チーム(「広島」「神戸・高砂」「名古屋」「横浜」各野球部)を、2021年1月から2チームに再編・統合し、リソースを集中させるとともにチーム力のレベルアップを強力にはかっていきます。

新たに発足するチームは、兵庫県神戸市・高砂市を拠点とする「三菱重工West(ウエスト)硬式野球部」と、神奈川県横浜市を拠点とする「三菱重工East(イースト)硬式野球部」と命名いたしました。West野球部監督には、現神戸・高砂硬式野球部監督の山口敏弘が、East野球部監督には、前名古屋硬式野球部監督の佐伯功がそれぞれ就任し、現4チームの選手を2チームに集約して、チームを強化し、社会人野球の頂点である、都市対抗野球大会および社会人野球日本選手権での優勝を目指します。

新生野球部が始動する1月1日には、同じく今年9月に発足した「三菱重工マラソン部」が全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)に出場し、悲願である優勝を目指して、群馬上州路を疾走します。

また、2021年1月開幕のラグビートップリーグには「三菱重工相模原ダイナボアーズ」が出場し、熱いプレイで強豪チームに挑戦します。

サッカーJ1クラブの浦和レッズは2月からJリーグが開幕、更に来秋には国内初の女子プロサッカーリーグ「Weリーグ」にレッズレディースが参入し、スポーツ界を盛り上げます。

私たち三菱重工グループは、こうしたスポーツを通じた挑戦、「三菱重工スポーツチャレンジ」を力強く展開し、スポーツの力を信じて未来を切り拓いて参ります。

【三菱重工スポーツチャレンジ プロモーション映像】


Tags: スポーツ