Press Information

照明用有機ELパネル製造設備小型成膜ライン初号機を出荷

Print

6月16日、照明用有機ELパネル小型成膜ラインの初号機をLumiotec株式会社殿向けに出荷しました。

照明用有機ELパネル
同装置の開発は、2003年の技術本部による事業化調査から始まり、広製では同年後半から本格的に取り組みました。
2004年からは山形県やNEDOの支援も受け、2006年にインライン成膜試験装置、2007年には量産実証機を相次いで完成させ、商業機ベースとなる技術を確立、更にLumiotec株式会社殿向けに成膜装置の改良・開発を進め、昨年10月に初号機受注に至ったものです。
受注後も将来の本格的商業生産を見据えた設計変更等があり、非常に厳しい工程でしたが、無事に所内試験も終え、今回の出荷に至りました。7月末の引き渡し後、Lumiotec株式会社殿では、本小型成膜ラインで製造する有機ELサンプルパネルを今年秋ごろから販売する予定です。
照明用有機ELパネルの量産は世界初であり、工事の玉成はもちろんのこと、今後も同社をサポートし、有機EL照明の普及に貢献していきます。

Tags: 生活,アジア,I&Iドメイン