Press Information

舶用SOxスクラバーシステム DIA-SOx® 年初から3船種22隻への搭載を完了
三菱造船、遠隔試運転の実施などによりスケジュール通りに完工

Print

◆ コンテナ船、タンカー、LPG船を対象に方形タワー(Rシリーズ)・円筒形タワー(Cシリーズ)の両タイプで
◆ 中国、シンガポールでの搭載工事、海上試運転を経て各船級協会から承認取得

三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:北村 徹、本社:横浜市西区)が「DIA-SOx®シリーズ」として展開している排ガス中の硫黄酸化物(SOx)を浄化する舶用SOxスクラバー(排ガス浄化装置)システムは、年初から8月末までに3船種22隻(注)への搭載が完了しました。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により海外現地での対応が難しい状況にある中でも、中国およびシンガポールの現地エンジニアとコミュニケーションをとりながらリモートコミッショニング(遠隔試運転)を進め、スケジュール通りに完工したものです。

三菱造船が展開するDIA-SOx®シリーズは、「Rシリーズ」と「Cシリーズ」の2シリーズあり、このうちRシリーズはタワーが方形(Rectangular)であることからコンテナ船への搭載が容易です。また、大型コンテナ船の主機関を含む複数機関から排出される排ガスを1基のタワーで処理できる大容量マルチストリーム方式を採用しているため、乗組員の保守点検の容易性を考慮したシンプルな機器構成となっています。タワーが円筒形(Cylindrical)のCシリーズもマルチストリーム方式で、多様な船種への搭載が可能な汎用性の高い機器構成となっています。

三菱造船は、両シリーズを対象にレトロフィットエンジニアリングも提供し、お客様にとっても効率的で確実な工事を支援しています。三菱造船がエンジニアリングを提供した14,000TEUコンテナ船向けでは、Rシリーズの特徴である方形タワーを活かしてこれを内蔵したケーシングを既存煙突の左舷側に新設し、コンテナ積載数を減らす必要のない搭載を実現しています(以下画像の通り)。
なお、今回搭載工事が完了した各船は、日本海事協会(NK)、英国・ロイド船級協会(LR)、米国・アメリカ船級協会(ABS)などの各船級協会からそれぞれ承認を取得しています。

2020年1月1日以降、ECA(Emission Control Area:汚染物質の排出規制海域)を除く世界の全海域で、舶用燃料中の硫黄分規制が現行の3.5%以下から0.5%以下に強化されました。さらに、3月からは規制値を超える硫黄分濃度の舶用燃料を船上に保持することも禁止されました。しかし、今回SOxスクラバーを搭載し船籍国の承認を取得したこれらの船は、スクラバーを稼働することで安価な従来舶用燃料の継続使用が可能となります。

三菱造船は、舶用スクラバーメーカーとして製品を供給するだけでなく、エンジニアリング会社として新造船、就航船、自社建造船、他社建造船の別にかかわらずお客様のニーズに合ったエンジニアリングサービスも提供することで、海上物流のさらなる発展と地球規模で増大している環境負荷の低減に貢献していきます。

  • Rシリーズ搭載:20,000TEUコンテナ船5隻、14,000TEUコンテナ船8隻、10,000TEU以下コンテナ船5隻
    Cシリーズ搭載:載貨重量30万トンの大型タンカー:2隻、LPG(液化石油ガス)運搬船:2隻
    TEU:20フィートコンテナ換算個数(Twenty-foot Equivalent Units)
14,000TEUコンテナ船スクラバー船内配置
完成時外観

14,000TEUコンテナ船スクラバー船内配置(左)と完成時外観(右)

完成時外観