Press Information

汎用ガソリンエンジンに高出力4機種を追加しラインアップを強化
「TLEシリーズ」に最大型、「GBシリーズ」は大型3機種

発行 第 4798号
Print

 三菱重工業は、汎用ガソリンエンジン「三菱メイキエンジン」のラインアップに4機種を追加し、17日に販売を開始した。2サイクルの最大型機種「TLE48」と、4サイクルの大型タイプ「GB290」「GB300」「GB400」。いずれも日米欧の排出ガス規制すべてに適合しており、4サイクルの3機種は低振動・低騒音性に優れた構造を採用した。

TLE48(排気量47.1cc)は、欧州などでの排出ガス規制強化に対応した手持ち作業機用エンジンの最上位機種として開発。これにより排出ガス規制適応のTLEシリーズとして総排気量20~48cc、全6機種を業界に先駆けラインアップした。

本機は同排気量クラスの国内向け従来機「TB50」(同49.4cc)に比べ、燃費(単位出力当たり)を約40%低減。最大出力はこれまでの最大型「TLE43」(同42.7cc)から約40%アップし、40~50cc級エンジンでトップクラスの1.8kWを実現した。

TLEシリーズは、2サイクルエンジンで未燃焼ガスの大気放出を軽減させる層状掃気方式を採用。世界で最も厳しい米カリフォルニア大気資源局(CARB)の排出ガス3次規制(2005年~)をはじめ、米環境保護庁の2次規制(2002年~)、欧州連合(EU)の2次規制(2008年~)や、日本陸用内燃機関協会の自主2次規制(2011年~)をクリアしている。

TLEシリーズは、刈払機など手持ち作業用のエンジンとして国内外にOEM(相手先ブランド)供給し、TLE48単独で年間5万台の販売を計画している。

一方のGBシリーズは、現行GMシリーズの後継機として2005年から6馬力以下クラスの3機種を販売してきたが、ユーザーニーズの強い大型3機種(同290~400cc)についても今回モデルチェンジを実施したもの。耕うん機、運搬車、田植機などの搭載用として、農業機械分野を中心に内外のユーザーに販売を拡大していく。

3機種ともGBシリーズの基本コンセプトである低騒音・低振動を追求。低騒音冷却ファンの採用により風切り音を低下させたほか、ファンカバーやシリンダーカバーなどの板金部品に制振プレートを追加することで低騒音を実現した。また、振動については、クランク軸およびバランサー軸カウンターウェイトの最適設計化によりバランス率を向上し、起振力を約15%低減した。

今回の大型3機種投入により、GBシリーズ全6機種のラインアップが完成。OEM供給を中心に、追加の3機種で年間10万台の販売を見込む。

■TLE48の主要諸元

形式 空冷2サイクル層状掃気式
シリンダ-内径×行程 (mm) 1-42×34
総排気量(cc) 47.1
最大出力(kW:PS) 1.8:2.4
乾燥重量(kg) 4.1(注1)
寸法:全長×全幅×全高(mm) 183×260×269(注1)
  • 1始動を助ける独自のスターター機構「ミラクルスタート」装着時

■GBシリーズ3機種の主要諸元

機種 GB290 GB300 GB400
形式 空冷4サイクル傾斜形横軸OHV
シリンダー内径×行程(mm) 1-80×59 1-80×59 1-89×63
総排気量(cc) 296 296 391
最大出力(kW:PS) 5.9:8.0 7.4:10.0 9.6:13.0
最大トルク(N・m/rpm) P形(注2) 17.7/2800
L形(注3) 35.3/1400
P形 19.3/2800
L形 38.6/1400
P形 26.5/2800
L形 53.1/1400
乾燥重量(kg) 28.4 29.0 P形 32.0
L形 36.0
寸法:全長×全幅×全高(mm) 372×438×431 372×438×431 P形 400×471×465
L形 454×471×465
  • 2直結式
  • 3減速式
三菱メイキ2サイクルエンジン「TLE48」 
三菱メイキ2サイクルエンジン「TLE48」
三菱メイキ4サイクルエンジン「GB290」
三菱メイキ4サイクルエンジン「GB290」