Press Information

三菱重工と米国ゼロックス
ITS事業における協業で覚書を締結

三菱重工業株式会社
Xerox Corporation
Print

 三菱重工業と米国ゼロックス(Xerox Corporation)は、全世界でITS(高度道路交通システム)事業における協業をスタートさせるために、フランス・ボルドーで開催されている「第22回ITS世界会議ボルドー 2015」の会場で6日(現地時間)、覚書に調印しました。

 この協業は、ITSのグローバルな事業展開において、三菱重工が保有する日本国内およびアジア地域におけるシステムインテグレーションの実績と、ゼロックスが保有するアメリカおよび欧州地域におけるオペレーションサービス提供の豊富な実績のシナジーにより、共同での新規事業創出を狙うものです。

調印式の様子
 両社はITS事業のリーディング企業として、ETCシステム、交通管制システム、テレマティクス、都市内駐車管理システムなどを中心に、幅広く協業を検討していきます。
 両社は、今回の協業検討スタートをきっかけとして、各国の道路交通事情に対応した最適なソリューション提供を共同で実施することにより、世界の道路交通における諸問題の解決に貢献していきます。