ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

MHI 打上げ輸送サービス: カウントダウンレポート [ 宇宙開発 ]

  • Linkedin

打上げ直前の状況から衛星分離までを、リアルタイムにお伝えします。

H-IIAロケット37号機

H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)

H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打上げ直前の状況を、リアルタイムにお伝えします。

「つばめ」分離確認

「つばめ」の分離が確認されました。

「しきさい」分離確認

「しきさい」の分離が確認されました。

リフトオフ

三菱重工は、「しきさい」及び「つばめ」を搭載したH-IIAロケット37号機を、2017年12月23日 10時26分22秒に 種子島宇宙センターから打上げました。

H-IIAロケット37号機打上げ (1)
H-IIAロケット37号機打上げ (2)

自動カウントダウンシーケンス開始

打上げ4分40秒前です。自動カウントダウンシーケンスを開始しました。

X-30分

打上げ30分前です。

X-60分

打上げ60分前です。最終カウントダウン作業が開始されました。

H-IIAロケット37号機 最終カウントダウン作業開始

第3回Go/No Go判断

打上げ時刻60分前の最終カウントダウン作業に"Go"の指令がかかりました。

姿勢制御系フライトスリューテスト終了

2回目のフライトスリューテストを終了しました。

電波系統点検終了

H-IIAロケット37号機と地上局との電波系統の点検を終了しました。

全タンク 100% 充てん完了

第1段・第2段 各機体の、液体水素・液体酸素 各タンクが100%充てんされたことを確認しました。

H-IIAロケット37号機 液体水素・液体酸素 各タンク100%充てん

姿勢制御系フライトスリューテスト終了

H-IIAロケット37号機に搭載した誘導制御プログラムを作動させ、飛行中の姿勢を制御するための装置が正しく動作することを確認しました。

射点周辺3000m立ち入り禁止開始

これより射点周辺3000mの立ち入りが制限されます。

ターミナル・カウントダウン作業開始

ターミナル・カウントダウン作業が開始されました。これより射点周辺400mの立ち入りが制限されます。

ターミナル・カウントダウン作業開始

第2回Go/No Go判断

ロケット、衛星、射場設備、追跡管制網等 各系の作業状況および気象状況等の確認を行いました。その結果、液体酸素・液体水素等の燃料をロケットに充てんする作業への着手が許可されました。これから燃料充てんの準備作業に移ります。

H-IIAロケット37号機、打上げ射点に到着

H-IIAロケット37号機が射点に到着しました。これから射点設備とロケットの接続作業を行います。

H-IIAロケット37号機 射点に向け機体移動開始
H-IIAロケット37号機 射点に向け機体移動中
H-IIAロケット37号機 射点到着

H-IIAロケット37号機、機体移動開始

「しきさい」及び「つばめ」を搭載したH-IIAロケット37号機が、打上げ射点へ向けて移動を開始しました。移動発射台の上に立ったH-IIAロケット37号機は、組立棟から射点までおよそ500mの距離を約30分かけて移動します。

第1回Go/No Go判断

これより、H-IIAロケット37号機による「しきさい」(気候変動観測衛星)及び「つばめ」(超低高度衛星技術試験機)の打上げ カウントダウン・レポートを速報でお伝えします。 天候判断の結果、「しきさい」及び「つばめ」を搭載したH-IIAロケット37号機を、組立棟から打上げ射点へ移動させる作業に、"Go"の指令がかかりました。打上げ予定時刻は、12月23日の10時26分22秒(日本標準時)です。

製品情報

RECENTLY VIEWED