資源調査船:白嶺
[ 特殊船 ]

資源調査船白嶺は日本周辺海域に存在する海洋資源の探査・開発を加速するために、2012年1月に竣工しました。
白嶺は、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の発注により、三菱重工グループの下関造船所で建造されました。この特殊船には、調査目的や海底の状態、地質の特徴に応じて選択して使用することが可能な日本初の大型掘削リグを2種類搭載されています。

この製品の詳しい情報を見る:

総トン数 6,283 t
全長 118.3 m
19.0 m
速力 15.5 knots

三菱重工グループの実績