高速風洞:極超音速風洞
[ 試験装置 ]

高速風洞:極超音速風洞
極超音速風洞は、マッハ数5以上の領域での飛行特性を試験するための風洞装置です。
衛星打ち上げロケット、宇宙往還機等の開発を実施するためには、マッハ数5以上という極超音速領域での試験が必要不可欠であり、三菱重工グループでは、その試験目的に応じ各種のマッハ数を実現する風洞実験設備を製作しています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績