全方向移動型高所作業ロボット(SUPER-Giraffe)
[ 原子力発電 ]

全方向移動型高所作業ロボット(SUPER-Giraffe)
福島第一原子力発電所の事故対応のために開発

この製品の詳しい情報を見る:

全方向移動型高所作業ロボット外観

全方向移動型高所作業ロボット(SUPER-Giraffe)
項目 仕様
機能性能 高放射線環境下など人が近づけない場所を自由に移動し,伸縮梯子の先に搭載したマニピュレータで高さ8mの高所作業をする
外形寸法/質量 全長2350、幅800、全高2000[mm]/4000[kg]
台車モジュール 4輪駆動,4輪操舵
(Max 6[km/h]、50[mm]段差踏破、登坂傾斜15°)
搭載モジュール マニピュレータ(7軸)、可搬質量 25[kg]、繰返し位置精度0.5[mm]
ツールチェンジャによるエンドエフェクタモジュールの遠隔着脱
荷揚モジュール 5段伸縮梯子構造、荷揚可能質量150[kg]  先端到達高さ8[m]、起伏角度0~80°
運用
  • ノートパソコン+ゲーム用コントローラによる無線操作
  • アラウンドビュー機能による障害物確認
  • アウトリガー荷重監視による転倒防止インターロック
  • 電気自動車用リチウムイオンバッテリによる稼働(稼働時間5時間以上)

高所に設置したバルブモックアップ開閉

通常走行からのその場旋回

周囲環境把握のための3Dマッピング表示

周囲環境把握のための疑似俯瞰画像表示

本ロボットの開発は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」により行われました。

お問い合わせ

三菱重工グループの実績